“結婚線”の変化

よく“手相占い”というものがありますが、手相とは変化しやすいもののようです。
自分の状況や、努力によって良くも悪くも変化するようです。
特に“結婚線”などはさまざまな形になるようです。

手相にはどのような線があるのでしょうか。
有名なものでは“生命線”というのがあります。
これは、親指と人差し指の間から、斜め下に円を書くように手首の方向へ伸びている線です。
主に“生命力の強さ”や、その人の“寿命など命に関わる情報”、“人生の節目”の時期を表したりもします。

そして、女性のほうがよく知っているのではないかと思われるのが、“結婚線”です。
これは、手のひらの端っこで、小指の付け根と“感情線”という線の間にある短い横線の事で、結婚の時期や結婚運、さまざまな運勢をみることができます。
おおまかな判断では、“感情線”側に“結婚線”がある場合は早婚、小指側にある場合は晩婚といわれているようですが、その形によっても意味が違ってくるようです。
たとえどの場所にあっても、“結婚線”自体に縦の線が何本も入り、格子のようになっている場合は、結婚はまだまだ先だという意味になり、パートナーが見つかれば、この縦の線は消えてなくなるでしょう。
手相は変化しやすいものですので、本人の状況ですぐに変化します。
“結婚線”がなければ、もちろん結婚もないという意味ですが、あっても本数や場所により、離婚や再婚、浮気といったさまざまな障害を示すものもあるようです。
しかし、その手相を知っていれば、回避することも可能です。
その時にはまた手相も変化していることと思います。


タグ:結婚線
手相・結婚線の見方:内容紹介
結婚線から見る結婚時期
手相占いにおいて、“結婚線”というものがあります。 女性であれば知っている人が多いのではないでしょうか? 小指の付け根の下、“感情線”という手相の上にある短めの線を“結婚線”といいます。
男性の結婚線
手相というものは、男性よりも女性の方が気になるのではないかと思いますが、ここでは男性の“結婚線”について話してみましょう。
結婚線で見る別居の相
“結婚線”は結婚の時期を予測するものですが、“結婚線”の形状によっては結婚時期だけではなく、いろいろな意味を含みます。その中に“別居の相”という、なんとも悲しい手相もあります。
1本の結婚線
“結婚線”が“1本”の場合はいったいどういう意味なのでしょうか。1本の“結婚線”の持ち主は、恋に一途なようです。
2本の結婚線
はっきりとわかる線が2本あれば、2本の“結婚線”となります。 この手相の持ち主は、たいがい2度結婚します。
結婚線上にあるひし形
“ひし形”の相がある場合、既婚者であるならば、夫婦のトラブルを表しています。
右手の結婚線
右手の“結婚線”は普段から自分で意識して行動している結果の結婚の形を表します。
結婚線で見た遠い結婚時期
“結婚線”に、縦の線がたくさん入っており、格子のようになっている手相は、まだ心から結婚したいと思う相手に出会っていないか、自分自身が結婚することを願っていないことを表しています。
下向きの結婚線
下向きの“結婚線”は見るからに良くないということがわかりますが、この“結婚線”は現在のパートナーへの愛情が冷めてきている事を示しています。
結婚線にある下向きの線
枝毛のような下向きの細い線が一本の場合は、ただの二股の“結婚線”となりますが、ここでは多数出ている場合のことを見てみます。これはとても悪い意味を表しているようです。
結婚線で見る玉の輿の相
長い“結婚線”の運勢は、基本的には良いと上にも書きましたが、それがどんどん伸びて、“太陽線”という手相にひっついてしまった場合。 これがまさに「玉の輿」の相です。
左手の結婚線
左手の甲側の中指の根本周辺の色がとても大切で、この場所の色が明るいと、その1年間の運勢は明るいものとなるでしょう。
枝分かれしている結婚線
“結婚線”が枝分かれしていると、理由はどうあれ最終的に別居にいたることを表しています。
結婚線で占う結婚の時期
“結婚線”が長く、太いものであったら、恋愛が成就する可能性が強まり、最終的に結婚するというパターンが多いようです。
結婚線の上下にある平行線
“結婚線”の上下に薄く並行した線。 “結婚線”よりも薄く、見えにくい線です。 これはなんと、不倫や三角関係を表すものなのです。
上向きの結婚線
上向きに伸びている“結婚線”が示す結婚運は、かなり恵まれた結婚運といえるようです。
結婚線から出る上向きの線
“結婚線”から、枝毛のように上向きに細い線が何本も出ている場合。この手相は、実はかなりいい結婚運を暗示しているようです。
切れている結婚線
切れ目があり、段になっている“結婚線”が1つでもあると、恋愛や結婚生活が一旦止まってしまうことを暗示しています。
結婚線の変化
手相とは変化しやすいもののようです。自分の状況や、努力によって良くも悪くも変化するようです。
結婚線と手相占い
“結婚線”とは、手相占いにおいて、結婚生活がどのような状態になるかを示す相だそうです。
手相 結婚線の見方
“結婚線”とは、主に“結婚の運”をみる手相になります。
結婚線と手相占い
手相にはいろいろな線があります。 “結婚線”や“生命線”、ここではどんな手相があるのか紹介してみましょう。
結婚線 浮気の相
“結婚線”の先端の上下どちらかに、“結婚線”と並行した短い線があれば浮気の手相を示します。
何本もある結婚線
“結婚線”の数は恋愛の数を表すともいわれ、“結婚線”がたくさんある人は、たくさんの恋愛に恵まれるようです。
手相の見方 結婚線
“結婚線”と呼ばれていますが、結婚の事だけを意味する線ではないようです。 その人のすべての愛情関係を示しているのです。
鎖のような結婚線
めったにお目にかかれない“結婚線”のようですが、この“結婚線”を持つ人は恋愛においても結婚においても、必ずトラブルを抱えます。
結婚線の島
“結婚線”に島があるのは、あまり良い暗示ではありません。 何かトラブルや障害がおこることを意味し、“結婚線”の始まりに島があるのは、結婚前に家族や周囲から猛反対されたり、何かと妨害が生じたりするようです。
手相 長い結婚線
この“結婚線”の持ち主は、恋愛にとても情熱的で、相手に対して全力で愛します。
複数の結婚線
この“結婚線”の持ち主のほとんどの人が常に恋人がいる状態で、もし恋人と別れてしまってもすぐに新しい相手を見つけることができます。
二股の結婚線
この“結婚線”が表す運勢は、恋愛をしている時期に色々な障害にあい、なかなか結婚に至らないというパターンになります。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。